今回は土曜の夜に思い立ったが吉日で、

日曜の朝から夕方までで京都鉄道博物館まで行ってきたのでその報告です。

日帰りでもおすすめする理由

滞在時間が短かったですが、思った以上に満足でした。

 

実際に博物館はおおよそであれば1時間程度でもある程度回れます。

もちろん一つずつしっかり見たら一日以上楽しめますが、

時間がないときでも、その程度で十分価値があります。

 

それでいて、主要な鉄道の見学や、SLの乗車などが楽しめるのとお土産まで見繕うことができました。

 

これらが全て日帰りでできるということはとても大事なことだと思います。

 

基本的に、近場ならまだしも遠距離であればそうそう足を運ぶことはできません。

また、せっかく旅行の機会があったとしても

他にも行きたいところがあると思いますので、

宿泊費をだしてそこで一日以上時間をかけるのもなかなか勇気がいります。

 

それに対して、今回のように日帰りであれば

移動費だけでそれほど費用も掛からず気軽に楽しめることができる分

ちょうど良いおでかけの部類にあるとおもいます。

 

日帰りの実際の流れ

思い付きの日帰り旅行の日程をこちらに記載します。

 

まず、少し早起きをして、朝の電車に乗って到着は10時前でした。

そこから2時間ほど博物館をみて、館内で食事をする。

そして、2時前には建物を後にして電車に乗ります。

そうすることで、夕方には家につくことができ、

お風呂や夕飯の準備もすることができ、無事一日を終えることができます。

 

もちろん、道中は電車を使うためお出かけ気分と電車に乗る体験も一緒にできました。

 

・実際の見学した内容と感想について

 

まとめ

今回は京都鉄道博物館についての日帰り旅行についてまとめました。

 

男の子は電車好きではありますが、

その男の子であれば嫌いな子はいないであろう鉄道博物館でした。

 

実際に行ってみてとても楽しそうに過ごしていたので急でしたが行って正解でした。

ぜひ皆さんも一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事